校長あいさつ

  

学校長挨拶

全校児童1023名、30学級、教職員数85名で、平成30年度の教育活動をスタートできました。今年度も教育理念を「はじめにこどもありき」とし、一人一人のこどもが自らの成長を実感できる教育を充実することを通して、目指す学校像「笑顔あふれる学校」づくりに全力を傾け学校経営をしてまいります。

具体的には、開校から掲げている学校教育目標「元気な子」を目指し、[徳]「知」「意志」[体]に関するこども像を次のように定め、具体的に取り組んで参ります。

 

◎[徳]:「素直で思いやりのある子」(重点目標)

 「素直さ」と「思いやり」の心と態度を育む取組を展開いたします。「素直は伸びる」を合い言葉にし、よいことはどんどん吸収し、時には厳しいアドバイスを謙虚に受け止める子にしていきます。また、「思いやり」では、相手の気持ちに思いを馳せるために聴く・話す等の学び方スタンダードが含まれた豊北スタンダード(学習編)の確実な定着を図るとともに、相手のよさを知るために「いいところみつけ」の活動等を充実させていきます。

今年度も江東区教育委員会研究課題校「心の教育推進校」の指定を受けましたので、これまで以上に「德」を育む教育を充実させていきます。

 

〇[知]:「進んで考える子」

  こどもたち一人一人が自らの考えをもち、その考えを友達と対話させながら思考力、判断力、表現力を活用して問題を解決したり、新たな知を創造したりして、自らの学びを深めたり広めたりできるよう、生きて働く力の育成を目指します。

 

〇「意志」「最後までやり抜く子」

様々な行事において、個々あるいは学級・学年の具体的な目標設定、その達成に向けた計画の立案、実施等を年間通して繰り返し行い、最後まで努力を続けやりきる意志の強さをもった児童を育成します。

 

〇[体]:「心身ともにたくましい子」

全ての教育活動の土台である心身ともにたくましい子の育成を図ります。

体育授業では、「わくわくタイム」の確実に実施します。また投力の向上及び運動量の確保と運動習慣の定着を目指す三丁目公園プロジェクト等の取組をします。また、健全な心とからだづくりを目指す健康教育では、全児童と家庭に生活アンケートを取って、生活習慣に関する課題解決に取り組みます。

 

 

今年度も保護者・地域の皆様と共に「チーム豊洲北小」として、本校の目指すこども像の実現を目指したいと思います。引き続き、豊洲北小学校の教育に対する温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

更新日:2018年05月23日 16:08:00